現在の位置:トップページ->スポット

スポット

夜泊ヵ所

2015-08-12

夜泊处.jpg


玄宗天保年間(742—756年)の月夜、一人の書生—張継、避ける安史の乱に南下し、小舟に乗って、月夜のカエデの橋で停泊しながら、ここをおぼろの月、すさまじい鳥が鳴いて、少しいさり火、、悠々鐘、凝固彼の濃い郷愁国憂中、抽出風土超世のすばらしい境地:「月落ちてカラス鳴く霜満天、江枫いさり火に愁眠、姑蘇城外寒山寺、夜半の鐘声客船。」それが、寒山寺七言律詩古詩カエデの橋に従って天下に名を揚げる。

微信二維碼

歴史の訪問者数:1910442

電話は0512-65575100景勝地区サービスだ

あて先は蘇州市で枫桥路末(どうソラクサン桥东堍)

ソicp備10208553番だった 版権所有:蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の

设计の制作チームは、蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の電話は0512-62992190だった